城東高等学校

新着情報

2021年02月

予餞会が行われました

卒業する3年生のために、予餞会が行われました。

2021-02-27 13.40.39.png

 

日時

令和3年2月26日(金)

 

内容

卒業する3年生のために、予餞会が行われました。

今年度は、新型コロナウイルス感染予防のため、3年生はFITアリーナで間隔を空けて鑑賞し、1・2年生は教室でFITアリーナの様子をライブ配信で楽しみました。

 

ステージ発表は、応援団・チアリーダー・落語同好会・箏曲部・演劇同好会・ダンス部・吹奏楽部の皆さんが、予餞会のためのプログラムを発表してくれました。

また、剣道部・陸上部・弓道部・書道部・クリエイトアート部は3年生へ向けた動画を、生徒研究発表の映像チームは3年生から在校生へ向けたメッセージ動画を作成し、全校生徒に配信されました。

 

会の終わりに、生徒たちから先生へ花束贈呈も行われ、学年主任より激励と、3学年代表生徒より感謝の言葉が述べられました。

2021-02-27 13.45.58.png

2021-02-27 13.46.09.png
2021-02-27 13.46.17.png
 
2021-02-27 13.46.37.png
2021-02-27 13.46.43.png
 
 
最後に、PTAの皆さんより、3年生の門出を祝して、各業界で活躍されている卒業生の方々からのお祝いメッセージ、そして、吉本興業の芸人の皆さんが卒業のお祝いに駆けつけてくださり、お笑いライブのサプライズプレゼントがありました。
 
<お祝いビデオメッセージ>
・Rin音さん(歌手)
・兵頭功海さん(俳優)
・谷崎鷹人さん(YouTuber)
・中谷将大さん(阪神タイガース)
・梅野隆太郎さん(阪神タイガース)
・安部友裕さん(広島カープ)
・日下部基栄さん(シドニー五輪銅メダル)
 
それぞれに、ご自身の城東高校(福岡工業大学附属高校)時代の懐かしいエピソードを交えながら、卒業生へビデオメッセージを寄せてくださいました。
 
 
<お笑いライブ>
・メタルラック ノッポノナカさん、美意識タカシさん(福岡よしもと)
・マサルさん(福岡よしもと)
・にわか 片山順也さん、水沼翔平さん(福岡よしもと)
お二人とも本校の卒業生で、地元福岡でコンビでご活躍中です!
・サバンナ 八木さん(吉本興業)
・なかやまきんに君(吉本興業)
皆さんご存知!本校の卒業生で、お笑い芸人、ボディビルダーとしてご活躍中です!
 
漫才、ネタ、一発ギャグ、ゲームやみんなで楽しめる体操!まで盛りだくさんの内容で、大爆笑!
 
新型コロナウイルスの影響で、長期休校や高校生活最後の学校行事の縮小を余儀なくされた3年生のために、最後の思い出作りにと、PTAの皆さんが企画してくださいました。卒業生の皆様をはじめ、本当にたくさんの方々にご協力いただき、素晴らしい時間を共有することができました。本当にありがとうございました。
 
2021-02-27 13.46.58.png
2021-02-27 13.47.05.png
 
感染症予防対策を講じた上で実施いたしました。

≫ 続きを読む

2021/02/27 行事

【女子バレーボール】全日本ジュニアオールスタードリームマッチ選出

大会名:第18回2021全日本ジュニアオールスタードリームマッチ

 

日程: 令和3年3月21日(日)~25日(木)

 

会場: 門真市立総合体育館(大阪府)

 

内容:

女子バレーボール部 中尾美華HP用.jpg

中尾 美華(2-7住吉中学校出身)

 

第18回2021全日本ジュニアオールスタードリームマッチに選出されました。

 

選手個々の資質の向上と、将来の全日本チームと大学、Vリーグのレベルアップのための選手の育成を目的とした大会で、全国のトップレベルの選手たちと合宿練習し、大会に挑みます。

 

生徒コメント

私は今回、全日本ジュニアオールスタードリームマッチに選出していただきました。同世代のトップ選手と共にレベルの高い環境でプレーをさせていただく嬉しさや楽しみな気持ちがある反面、不安や責任も感じています。
今回の大会では、自分自身の成長だけでなく、いつもご指導をしてくださっている顧問の先生方、どんな時も毎日一緒に汗を流して支えてくれている大切なチームメイトのために恩を返せるように頑張ります。
そして、このような貴重な経験を通して、技術面や精神面、実際に肌で感じる全日本の空気感など、ひとつでも多くのことを学び、チームに戻った時に、この大会で学んだことをしっかりとチームに伝えたいと考えています。
最後に、私がこうして今、バレーをすることができるのは、たくさんの方々や母の支えがあるからです。皆さんへの感謝の気持ちを忘れずに、全力で頑張ってまいります。

≫ 続きを読む

2021/02/12 部活動

【クリエイトアート同好会】福岡市科学館に黒板アート展示

活動名: QPS小型SAR衛星2号機「イザナミ」打ち上げ記念
福岡市科学館企画展 「Wha t’s AI?」にて開催中の「SPACE ENGIN EER ING SCHOOL 〜宇宙エンジニアになろう〜」黒板アート

 

日程: 令和3年2月10日(水)~2月23日(火)

 

会場: 福岡市科学館

 

内容: 

現在、福岡市科学館で開催中のQPS研究所の展示にて「イザナミ」の打ち上げを記念して、地元福岡の高校生がQPS研究所の「小型SAR衛星プロジェクト」を題材とした黒板アートを制作する企画で、本校のクリエイトアート同好会の8名が黒板アートの制作に挑みました。

当初は来館者が見守る中で科学館にて制作予定でしたが、新型コロナウイルス感染症拡大の中、また緊急事態宣言下のため、移動を避け、校内で感染対策を行いながら、3密を避ける形で制作が進められました。
新型コロナウイルスの影響により、文化祭などの学校行事が縮小され、発表の機会が減ってしまった一年でしたが、新しい様式の中で模索しながらも渾身のアートが完成いたしました。

 

<展示期間>

令和2年2月10日(水)〜23日(火)

 

<制作者>

2年生:宮尾 姫織(2−2日の里中学校出身)、牟田 柚葉(2-2香椎第1中学校出身)、竹野 美鈴(2−3箱崎清松中学校出身)

1年生:園田 あさひ(1-5松崎中学校出身)、木原 拳児(1-8香椎第2中学校出身)、中村 奏(1-8香椎第2中学校出身)、松本 凛斗(1-15古賀北中学校出身)、河野 友哉(1-15城西中学校出身)

 

黒板アート完成記念撮影.jpg

写真左から木原拳児、中村奏、河野友哉、松本凛斗、宮尾姫織(部長)、園田あさひ、竹野美鈴、牟田柚葉

 

<黒板アートメイキング>

 

<小型SAR衛星2号機「イザナミ」について>
「宇宙の可能性を広げ、人類の発展に貢献すること」を使命に2005年に創業した株式会社QPS研究所(福岡県中央区、代表取締役社長/CEO:大西俊輔、以下QPS 研究所)の約20社の九州の地場企業と一緒に開発・製造した小型SAR衛星2号機「イザナミ」は、2021年1月25日(月)0:00a.m.に打ち上げられたアメリカの宇宙開発企業スペースXのロケット「Falcon 9」によって、1:14a.m.に高度約525km で軌道投入されました。当日はオンラインのパブリックビューイングが開催され、深夜の時間帯でしたが、ライブ配信で800名以上の方々に見守られながら宇宙へと旅立ちました。

 

同好会コメント

城東高校クリエイトアート同好会は、文科系部活動のひとつで、学校行事のポスター制作や動画作成を担当し、部活動時間には個々の画力向上のために練習を行っています。今回の企画が黒板アートへの初めての挑戦になりました。

私たちの住む福岡で世界でもトップレベルの技術による衛星プロジェクトが進められていることに驚きました。 それによって近い未来の私たちの暮らしがより良いものになるのではととてもワクワクしています。この作品では衛星が新しい未来へ飛び出していく様子を、扉を開くことで表現し、衛星の後ろに描いた国造りの神のイザナギとイザナミには衛星1号機と2号機のどちらも元気に活躍してほしいという願いを込めています。短期間での制作でしたが、換気の徹底、こまめな手洗いに気をつけ、同好会全員で構想を練って作品を仕上げました。多くの方に見ていただければ嬉しいです。

≫ 続きを読む

2021/02/10 部活動

【テニス】大会結果 優勝ほか

大会名: 第71回九州・山口高校生学年別・小中学生テニス大会

 

日程: 令和2年12月19日・20日・26日・27日・28日

 

会場: 海の中道マリーナ&テニス

 

結果: 

<高校1年生男子の部>

シングルス 第3位

前田 翔哉(1-19)

 

ダブルス 優勝

永井 遥基(1-7 城南中学校出身)・前田 翔哉(1-19 折尾愛真中学校出身)ペア

 

1年ダブルス 永井・前田 優勝.jpg

写真左から前田さん、永井さん

 

生徒コメント

前田 翔哉(1−19)折尾愛真中学校出身

今大会は同学年のみの大会だったので優勝を狙っていました。シングルスでは惜しくも3位という結果になりました。勝負所のポイントで守りに入ってしまったことが敗因でした。勝ち進んで行けば相手のレベルも上がってくるので,自分から攻める勇気が必要なことを改めて実感しました。
一方,ダブルスではペアと攻撃的にプレーすることができ,気がついたら優勝していたという感じでした。テニスは守って勝つこともありますが,自分から攻めた試合で勝てたら気分は最高です。決め球のショットに磨きをかけ,勝負所でしっかり打っていけるようになりたいです。そして,攻めのテニスで勝てるようにしていきたいです。顧問の先生方,これからもご指導をお願いします。

 

<高校2年生男子の部>

シングルス 優勝

南 陽太(2−10)

ダブルス 優勝

安東 廉(2-10 粕屋中学校出身)・南 陽太(2−10 野間中学校出身)ペア

 

学年別優勝 南・安東.jpg

写真左から南さん、安東さん

 

生徒コメント

南 陽太(2-10)野間中学校出身

今回,学年別大会でシングルス・ダブルスともに優勝することができました。コロナウイルスの影響で多くの試合が中止になっている中,優勝することができ,とても嬉しいです。
シングルスでは自信を持ってプレーに臨み,大事な場面ではしっかりと落ち着いて集中できたことが優勝に繋がったと思います。一方,ダブルスではペアの安東君と声をしっかりとかけ合い,積極的なプレーでポイントを取ることができました。優勝はできましたが,まだまだ単純なミスが多く,相手を圧倒するようなプレーが十分にできなかったので,今後はさらに技術に磨きをかけていきたいと思います。
今大会を通して,自分の長所や短所を認識することができました。今後の大会でもよい結果を残せるよう練習に励みたいと思います。次のインターハイでは今まで応援してくださった方々に感謝し,最高の結果が出せるように頑張ります。

 

 

日々の練習の成果を十分に発揮し、結果につながりました。4月開催予定の高校総体中部ブロック予選に向けて今後も練習を頑張ります。

応援ありがとうございました。

≫ 続きを読む

2021/02/03 部活動

ロボカップジュニア九州大会優勝 全国大会進出!

大会名: ロボカップジュニア2021九州ブロック大会

 

日程: 令和3年1月10日(日)

 

会場: 福岡市科学館

 

結果: 

World Leagueサッカーライトウェイト 第1位

 

2対2の自立型のロボットでサッカーを前後半5分ずつ行い、得点で勝敗を決める対戦を総当たりで5試合し、トップとなりました。また、プレゼンシートとインタビューの内容も加味し、優勝しました。この結果、3月26日〜28日で名古屋で開催される全国大会への出場が決まりました。

ロボットサッカー1.jpg

 

2021-02-03 8.14.14.png

 

生徒コメント

秦 諒真(2−6)芦屋中学校出身

私は、令和3年1月10日(土)11日(日)に、福岡市科学館にてロボカップジュニア2021 九州ブロック大会が開催され、World League サッカーライトウェイトに、チーム名「白虎」で出場し優勝しました。
この大会には去年も出場し、準優勝していました。そして、ロボカップジュニア・ジュニアオープン2020 和歌山に出場する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止になってしまいました。今年は、ブッロク大会も無くなるのではないかと思っていましたが、このような形で開催していただけてありがたく思っています。
私のロボットはブロック大会出場をかけたノード大会でロボットがうまく動かず相方に迷惑をかけてしまいましたが、ブロック大会までに相方や先輩、家族の手伝いもあって大会までにロボットを改造することができ本当に感謝しています。このまま次の大会に進めたのなら、良い結果を残せるように努力していきたいです。

 

次回大会:

令和3年3月26日(金)、27日(土)、28日(日)
ロボカップジュニア・ジャパンオープン2021名古屋(全国大会)

 

応援よろしくお願いします。

≫ 続きを読む

2021/02/03 お知らせ
  • 在校生メッセージ
  • 城東ブログみちくさポレポレ
  • 入試要項
  • 学校説明会のご案内
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • 教員募集