城東高等学校

新着情報

部活動

【柔道】大会結果 県大会進出

大会名: 令和2年度 福岡県高等学校柔道新人大会中部ブロック予選会

 

日程: 

令和2年10月17日(土)男女団体戦
令和2年10月18日(日)男女個人戦

 

会場: 福岡武道館    

 

結果: 

【男子団体戦】 6位                                            
【女子団体戦】 2位

 

【男子個人戦】

 

60kg級 中村 海翔 2-11 2回戦敗退
66kg級 小濵 尋也 2-11 5位
90kg級 白川 正樹 2-11 3位
100kg級 小月 翔輝 1-15 6位
宮﨑 蓮 1-13 5位
100kg超級 岩﨑 悠紀 2-13 6位

 

【女子個人戦】

48kg級 島田 紗希 1-4 優勝
52kg級 和久田 凜月 1-13 1回戦敗退
57kg級 一木 まお 2-11 1回戦敗退
70kg級 音羽 優舞 2-14 2位

 

今大会の結果で10月31日(土)・11月1日(日)に開催される令和2年度 福岡県高等学校柔道新人大会に団体戦男女6位までが出場します。また個人戦では、男子5位(100kg超級については6位)、女子4位までが出場します。
本校からは、上記の結果より男子団体戦・女子団体戦ならびに女個人戦に6名が出場します。
県大会も、上位を目指して頑張ります。
応援よろしくお願いします。

≫ 続きを読む

2020/10/23 部活動

【科学】日本学生科学賞 県大会最優秀賞 全国審査進出

大会名: 第64回日本学生科学賞 福岡県審査

 

日程:令和2年10月5日(月)

 

結果: 

県大会最優秀賞 全国審査進出!

北里虎大(2−1)

研究テーマ:スペースデブリ

 

<努力賞受賞>

楠根涼(1-15)、竹本怜将(2-1)、脇 賢翔(2-1)、梶﨑天翔(2-3)

 

論文による審査の結果、上記の賞をいただくことができました。

本大会では、2年連続「スペースデブリ」の研究が最優秀賞をいただき、福岡県代表として全国審査に挑みます。

さらに今年度は、最優秀賞のみならず努力賞も4名が受賞し、日々の努力が実るものとなりました。

応援ありがとうございました。

 

 

応援ありがとうございました。

≫ 続きを読む

2020/10/08 部活動

【放送技術部】コンテスト 県大会進出

大会名: 福岡県高文祭放送コンテスト福岡地区大会

 

日程: 9月20日(日)21日(祝)

 

会場: 音声収録審査のため会場なし

 

結果: 

県大会進出!

<アナウンス部門>

永添 悠(2-4)

<朗読部門>

西岡 想菜(2-3)

榎本 逞(1-3)

松本 月菜(1-5)

以上4名が県大会出場権を獲得しました。

県大会も応援よろしくお願いいたします。

≫ 続きを読む

2020/10/06 部活動

【テニス】ブロック予選準優勝 県大会進出

大会名: 令和2年度福岡県高等学校テニス新人大会中部ブロック予選会

 

日程:令和2年9月12日(土)13日(日)19日(土)20日(日)21日(祝)

 

会場:春日公園、青葉公園

 

結果: 

男子団体戦準優勝 県大会進出

 

2020-10-07 10.21.20.png

写真前列左から:安東 廉、南 陽太、前田 翔哉、打山 航大、永井 遥基、久本 拓実、平野 慎也、杉本 駿、前田 陽大

2020-10-07 10.22.25.png

 

<男子団体戦>

杉本 駿(2-1照葉中出身)、前田 陽大(2-3和白丘中出身)、平野 慎也(2-7花畑中出身)、安東 廉(2-10粕屋中出身)、南 陽太(2-10野間中出身)、久本 拓実(2-16筑山中出身)、打山 航大(1-5東住吉中出身)、永井 遥基(1-7城南中出身)、前田 翔哉(1-19折尾愛真中出身)

 

生徒コメント

安東 廉さん(2-10 粕屋中学校出身)

今大会は個人戦においてまずますの成績でしたが,もう一歩という気持ちもあったので,やや不安もある中,団体戦を迎えました。初めは団体戦特有の緊張感から思うようにプレーできないところもありましたが,勝ち進むにつれて調子も上がり,準決勝の西南高校戦は2本のダブルスを落としたものの,残り3本のシングルスでは出場した選手の頑張りでしっかりと勝つことができました。決勝戦ではここ10年以上ブロック予選では負けなしの筑陽学園との試合でした。負けてしまいましたがそれぞれの試合内容は決して悪くなく,県大会に繋がる試合になったと思います。次の試合で良い結果を残すためにも常に感謝の心を忘れず,日々の練習に一生懸命取り組んでいきたいと思います。

 

 

<男子個人戦>

<男子シングルス>

ベスト16

南 陽太(2-10)、久本 拓実(2-16)、打山 航大(1-5)、前田 翔哉(1-19)

ベスト32

中村 健人(2-8)、安東 廉(2-10)

 

<男子ダブルス>

ベスト16

南 陽太(2-10)、前田 翔哉(1-19)

杉本 駿(2-1)、前田 陽大(2-3)

 

ベスト24

安東 廉(2-10)、打山 航大(1-5)

 

 

<女子シングルス>

山元 梨央(2-8)

 

男子団体戦は県大会進出を決めました。県大会も頑張りますので応援よろしくお願いします。女子は2回戦敗退という結果でしたが、春のインターハイ予選に向けてこれから頑張っていきます。

応援よろしくお願いします。

≫ 続きを読む

2020/10/06 部活動

【陸上】新人戦県大会 5位入賞ほか

大会名: 第42回福岡県高等学校新人陸上競技対校選手権大会

 

日程: 令和2年9月19日(土)・20日(日)

 

会場: 博多の森陸上競技場

 

結果: 

<男子3000m障害>

足立 華紀(2-16 津屋崎) 9分39秒41 5位入賞 自己新

 

2020-09-23 12.02.45.png

 

2020-09-23 16.44.16.png

 

 

<男子やり投げ>

森 郁都 (2-12 篠栗) 46m7cm 8位入賞

 

2020-09-23 12.02.49.JPG

 

 

<男子1500m>

稲永 宏毅(2-1 新宮) 4分16秒06 11位 ※予選4分11秒77 自己新

 

2020-09-23 12.02.46.JPG

 

2020-09-23 12.02.47.JPG

 

 

<男子やり投げ>
坂田 圭梧(2-12 篠栗) 40m16cm 14位 自己新

 

2020-09-23 12.02.50.JPG

 

 

<男子円盤投げ>

森 郁都 (2-12 篠栗) 28m91cm 15位

 

2020-09-23 12.02.51.JPG

 

男子1500mでは、稲永 宏毅(2-1 新宮)が、初の県大会の中、雰囲気に飲まれる事無くレースを進め、自己新で初の決勝進出を果たしました。決勝では11位でしたが、自信の付く結果だったと思います。

3000m障害では、足立 華紀(2-16 津屋崎)が、全体を通じて、予選を1位で通過。
決勝でも、積極的に先頭集団でレースを展開し、結果は5位入賞と、惜しくも九州大会出場枠の3位には届きませんでしたが、自己新と力は出し切った内容だったと思います。

男子やり投げでは、森 郁都 (2-12 篠栗)が8位入賞。坂田 圭梧(2-12 篠栗)も自己記録を更新。 来年のインターハイ予選に向けて、更なる飛躍に期待しています。

応援ありがとうございました。

 

中部ブロック予選の様子はこちら

新人戦中部ブロック予選1日目

 

新人戦中部ブロック予選2日目

 

≫ 続きを読む

2020/09/23 部活動

【陸上】新人戦結果(2日目) 県大会進出!

大会名: 令和2年度第42回福岡県高等学校新人陸上競技対抗選手権大会中部ブロック予選会

 

日程:令和2年9月12日(土)  

 

会場: 博多の森陸上競技場

 

結果: 

<男子やり投げ/円盤投げ>

森 郁都(2-12 篠栗) 46m66㎝/29m40cm 4位入賞/6位入賞 両種目県大会進出 共に自己新

 

2020-09-15 11.18.05.JPG


坂田 圭梧(2-12 篠栗) 39m90cm/25m71cm 8位入賞/10位 やり投げ県大会進出

 

2020-09-15 11.18.04.JPG

<男子800m>
稲永 宏毅(2-1  新宮) 2分05秒58 12位 ※予選2分01秒41 自己新

2020-09-15 11.18.06.JPG

 

<男子5000m >
有隈 大起(2-9 久山) 15分37秒64 11位 ※自己新

 

2020-09-15 11.18.07.JPG

 

<女子5000mW>
梶谷 優香(2-9 松崎) 35分01秒61 7位入賞

 

2020-09-15 11.18.03.JPG

 

先週、台風10号の影響で順延となった、福岡県高等学校陸上競技新人大会中部ブロック予選の2日目が、博多の森陸上競技場で行われました。

主な成績は、上記のようになっています。 長距離は、2年生の成長が著しく、少しずつチームが形が出来つつあります。11月に行われる福岡県高校駅伝に向けて、今後の更なる成長に期待します。

投てき種目でも、森・坂田各選手の成長が伺える試合だったのではないかと思います。 県大会でも上位入賞を目標に頑張ってもらえればと思います。

女子5000m競歩では、梶谷優香(2-9 松崎)が8月より、マネージャーから選手へ転向。選手転向後、僅か1か月でのレースでしたが、最後まで失格になる事無く完歩し、7位入賞を果たしました。

今年は、1年生の入部数が30名と沢山の生徒が入部し、3学年で部員数が69名となりました。今後の更なるチーム力向上の為に、顧問全員でしっかり指導していきたいと思います。

 

県大会も応援よろしくお願いします。

 

<県大会進出>

2年1組  稲永 宏毅(新宮中)   1500m 8位入賞
2年16組 足立 華紀(津屋崎中)3000m障害 3位入賞
2年12組 坂田 圭梧(篠栗中) やり投げ 8位入賞
2年12組 森 郁斗 (篠栗中) やり投げ 4位入賞、円盤投げ6位入賞

 

新人戦(1日目)の結果

≫ 続きを読む

2020/09/16 部活動

【総合】<水泳>新人戦結果

大会名: 令和2年度福岡県高等学校新人選手権水泳競技大会

 

日程: 令和2年9月12日(土)・13日(日)    

 

会場: 福岡県立総合プール

 

結果: 

 

選手 競技 タイム 順位
丸本・溝口・榊・吉田 男子400mリレー 4:19.19 (20位)
榊 凛太朗(2−3) 50m自由形 28.96 (76位)
50m背泳ぎ 36.05 (35位)
溝口 巧翔(2−6) 100m平泳ぎ 1:15.70 (25位)
200m平泳ぎ 2:50.10 (17位)
丸本 大智(2−10 ) 50m自由形 28.74 (74位)
100m平泳ぎ 1:24.96 (39位)
吉田 功瑛(2−17) 50m自由形 29.06 (77位)
100m自由形 1:03.64 (62位)
毛利 愛華(1−11) 200m自由形 2:22.13 (14位)
400m自由形 5:03.78 (11位)

 

2020-09-16 11.09.02.png

 

今後は来年度のインターハイ予選に向けてさらにベストタイムを出せるよう練習を頑張りたいと思います。応援よろしくお願いいたします。    

≫ 続きを読む

2020/09/16 部活動

【ソフトテニス】大会結果 県大会進出

大会名: 福岡県高等学校ソフトテニス新人大会中部ブロック予選会

 

日程: 9月12(土)13日(日)

 

会場: 今津運動公園・名島運動公園

 

結果: 

<男子団体戦>

6位 県大会進出

 

【登録メンバー】  
2年6組 堀 直純、2年10組 濵田 元樹、 
2年10組 樋口 翔太、2年10組 大塚 蓮、 
1年11組 坂巻 志陵、2年6組 小林 蒼空 
2年6組 大久保 聡光、1年1組 中尾 航介 

 

2020-09-15 11.26.36.png

 

<女子個人の部>
2年9組 友岡 愛弥/2年9組 髙木 美佑ペア ベスト32
1年9組 西田 日和/2年2組 秀島 星那ペア ベスト32

2ペアが県大会進出

 

県大会は10月31日(土)、11月1日(日)に行われます。今大会で見つけた課題を克服し、更に良い結果が出せるように生徒とともに頑張りたいと思います。ご声援ありがとうございました。

≫ 続きを読む

2020/09/15 部活動

【陸上】新人戦結果(1日目) 県大会進出!

大会名: 令和2年度第42回福岡県高等学校新人陸上競技対抗選手権大会中部ブロック予選会

 

日程:令和2年9月5日(土)  ※6日の大会日程2日目は台風のため12日に延期になりました。  

 

会場: 博多の森陸上競技場

 

結果: 

<男子3000mSC>
足立 華紀(2-16津屋崎中) 9分54秒93 3位入賞 県大会進出

2020-09-09 11.05.27.png

 

<男子1500m>
稲永 宏毅(2-1新宮中) 4分14秒94 自己新 8位入賞 県大会進出

2020-09-09 11.06.14.png

 

1500mでは、稲永宏毅(2-16 新宮中)が冷静なレース運びで予選を2位で通過。決勝でも、最後までしっかりと上位争いを繰り広げ、県大会進出を果たしました。今大会だけで、自己記録を20秒近く更新。2本立て続けに自己記録を更新し当初の予想を上回る結果を残せたことは、夏の練習で地力が付いた部分と本人の頑張りの証だと思います。

男子3000mSCでは、足立華紀(2-16 津屋崎中)が初の3位入賞を果たしました。

県大会でも上位争いの期待が持たれる選手です。 2年生の急成長を感じる大会でした。この流れで、12日の新人戦2日目での活躍にも期待したいです。    

残る新人戦2日目、県大会も応援よろしくお願いいたします。

≫ 続きを読む

2020/09/09 部活動

【科学】大会結果

大会名: 第2回高校生サイエンス研究所in第一薬科大学2020

 

日程: 8月(オンライン開催)

 

結果: 生徒相互審査賞

 

2020-09-08 10.23.20.JPG

写真:下の段、中央:3年2組 甲斐 涼雅君(松崎中学校)と科学部員一同

 

3月に行われる予定だった「第2回高校生サイエンス研究所in第一薬科大学2020」がコロナの関係で通常の対面によるポスター発表形式できなくなり、今回オンラインでの開催となった。科学部では、オンラインの大会は初めての経験ででしたが、精一杯取り組みました。
参加校は15校73演題、約300名の生徒が参加し、九州内のみならず岡山からもあり、オンラインの特性を活かした大会となりました。
生徒相互審査賞をいただいた「スペースデブリ」の研究をしている3年2組甲斐涼雅君は、「今回コロナの関係で大会がなくなるのはないかと思っていましたが、このような形で開催していただけてありがたく思っています。またこのような賞をいただけたのは3年間研究を応援してくださった家族をはじめ先生や班員のおかげだと思っています。これで引退になりますが、この経験を活かし大学でも研究を続けていきます。」と話していました。

応援ありがとうございました。

 


大会名: サイエンスキャッスル研究費「荏原製作所」賞の採択

 

日程: 8月(オンライン開催)

 

結果: 荏原(エバラ)製作所賞

 

2020-09-08 10.23.21.JPG

写真左 : 脇 賢翔 くん 右 :2-1 竹本 怜将くん(福間東中学校)

 

科学部ユーグレナチームでは、今年度 株式会社    リバネス主催のサイエンスキャッスル研究費「荏原(エバラ)製作所」賞に応募し、全国各地の中高生の中から上位4件に選ばれ、採択されました。
この賞は、「流れ」を使うことによる新しい未来を中高生といっしょに創造していきたいと考えている荏原製作所と中高生の研究を応援したいと考えているリバネスに研究に対する計画・情熱を伝えいただいたものです。
この賞をいただいたユーグレナチームの代表で科学部の部長でもある脇くんは「昨年先輩から引き継いだ研究でこの研究は全国高等学校総合文化祭にも出場しているもので、とても重責に思っていました。しかし研究を進めるため今回この賞に竹本くんと一緒に応募し採択され本当にうれしく思っています。「ユーグレナで食文化の活性化!の実用化に向けて」これからも研究をがんばっていきます!」と話していました。

応援ありがとうございました。

 


大会名: まもるーむ特別講演「深海の真価 ~海の恋人たち~」

 

日程: 令和2年8月29日(土)

 

 

2020-09-08 10.23.23.JPG

【作成した水深MAPと参加者が作った深海魚の写真】
上の段、左から2番目:2年5組 内野 稜太君(香椎第3中学校)と科学部員一同

 

8月29日にまもるーむ(福岡市保健環境学習室)で「深海の真価 ~海の恋人たち~」と題し、深海魚の紹介とオリジナルの深海魚作りについて科学部員が特別講演を行いました。
この特別講演は昨年からまもるーむで行っているもので春からどんなイベントにするか企画から練り上げ参加者にいかに「わかりやすく、楽しく学んでもらうか」をテーマに行いました。コロナの関係で一時開催も危ぶまれましたが、まもるーむの方々の協力の元、実施し25名の参加者ありました。
今回特別講演を行った2年5組内野稜太君は、「科学部に入って初めての発表で先輩方や同級生の意見ももらいつつ小さい子にも伝わるように色々工夫し行いました。とても緊張したが当日は子供たちに喜んでもらえてとてもうれしかったです。」と話していました。

≫ 続きを読む

2020/09/08 部活動
  • 在校生メッセージ
  • 城東ブログみちくさポレポレ
  • 入試要項
  • 学校説明会のご案内
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • 教員募集