城東高等学校

新着情報

行事

【行事レポート】よのなか研究会「人とロボットの未来について」

「よのなか研究会」は、キャリア教育の一環として、全校生徒を対象に参加者を募り開催している講座です。

さまざまところで実際に働いている方と関わりを持つことで、生徒自身が将来どのようにして生きていきたいかを考え実行していく力(キャリアプランニング能力)を養うことを目的としています。

 

場所

福岡工業大学附属図書館 FIT Link

 

日程

平成30年11月15日(木)17:30〜19:00

 

テーマ

「人とロボットの未来について」

アメリカのシリコンバレーでロボット開発の最前線で活躍するスーパーエンジニア壇洋一郎さんをゲストスピーカーとしてお迎えし、今のロボット、これからのロボットとの未来についてワークショップ形式でお話を伺いました。


<スペシャルゲスト>

2018-11-16 11.05.18.png

 

壇 洋一郎 さん

日本のロボットベンチャー企業、産業用ロボットメーカーでの勤務、スタンフォード大学客員研究員を経て、2015年4月よりシリコンバレーのスタートアップAuris Surgical Rovoticsで勤務。これまでに、二足歩行ロボットや産業用ロボットアーム、ロボットハンド、手術用ロボットなど多様なロボット開発を行う。

今回は、帰国の貴重な時間を割いて、よのなか研究会に来てくださいました。

 

フォトレポート

2018-11-16 11.04.58.png

 

1〜3年生25名が参加しました。

それぞれのグループで、思いつくロボットを挙げて発表。生徒の視点を切り口に、現在のロボット技術の現状や、これからできるようになること、未来の人とロボットとの関わり方など、わかりやすく解説していただきました。

また、壇さんが開発に携わる「手術用ロボット」について、資料や映像を使って紹介していただき、開発の最前線の貴重なお話なども聞くことができました。

 

2018-11-16 11.09.33.png

 

2018-11-16 11.09.20.png

 

2018-11-16 11.10.07.png

最後に、ロボットに関すること、海外での生活や活躍についてなど生徒からの質問にもたっぷり答えていただき、会を終了しました。

≫ 続きを読む

2018/11/16 行事

【行事レポート】四股踏みトレーニング教室 元横綱 武蔵丸さん 来校

四股踏みトレーニング教室が行われました。

講師の先生は、武蔵川部屋師匠 武蔵川 光偉 (元横綱 武蔵丸)さんです。

 

2018-11-12 10.30.07.png

 

日程

平成30年11月10日(土)

 

内容

昨今、体幹トレーニングの一環として注目される『四股踏み』を、武蔵川部屋師匠 武蔵川 光偉 (元横綱 武蔵丸)さんが直々に伝授してくださいました。本校柔道部、ラグビー部、空手道部の部員約70名が参加し、四股踏みトレーニング、股割りなどの柔軟に真剣に取り組みました。国技である相撲の伝統的な四股踏みの指導を受けることで、次世代のアスリートを目指す生徒たちにとって、基礎トレーニングの大切さや体づくりについて真剣に考える素晴らしい機会となりました。

また、生徒からの質問にも答えてくださり、トレーニングのコツから現役時代のお話まで伺うことができました。

 

講師

2018-11-12 10.46.59.png

武蔵川部屋師匠 武蔵川 光偉 氏 (元横綱 武蔵丸) 


 

活動の様子

2018-11-12 10.57.33.png

 

2018-11-12 10.50.08.png

 

2018-11-12 10.50.50.png

 

2018-11-12 10.55.01.png

 

2018-11-12 10.55.23.png

 

2018-11-12 10.56.03.png

 

 

≫ 続きを読む

2018/11/12 行事

【行事レポート】開学記念講演会が行われました

スカイマーク代表取締役会長佐山展生氏をお招きし、開学記念講演会が行われました

 

日時

平成30年11月9日(金)15:15〜16:25

 

 

目的

今年 11 月 5 日で本校は創立60 周年(1958 年創立)を迎えました。本校が存続できていることに、本校で学べていること、働くことが出来ていることに感謝し、改めて存在意義を考える日するため、開学記念講演を行いました。
在校生、教職員共に良い刺激となるよう企画し、今年はスカイマーク代表取締役会長佐山展生氏をお招きしてお話を拝聴ました。

 

内容

講演者

2018-11-09 16.57.22.png

 

佐山展生氏

佐山展生氏1953年12月3日生まれ

経営学者であり、専門はM&A、バイアウト、事業再生、企業倒産等

一橋大学大学院経営管理研究科客員教授、京都大学経営管理大学院客員教授、スカイマーク代表取締役会長、インテグラル株式会社代表取締役

 

講演内容

「面白そう」なことをしよう-人生は「面白そう」を追求する旅-

野球少年だった中学校、高校時代に培われた強い精神力と挑戦力、そして人生の岐路において感じ、決断されてきた経緯などを交えながら、スカイマークの再生に至るまでを高校生の目線に立ってわかりやすくお話ししてくださいました。

生徒たちは、夢に向かってワクワクすることの大切さを教えていただき、これからの進路選択、キャリア形成において大きなヒントを得ることができました。

 

2018-11-09 16.57.56.png

 

2018-11-09 17.10.16.png

 

2018-11-09 17.11.30.png

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/11/09 行事

平成30年度 高大連携教育「i-STEM」韓国からの留学生が参加

i-STEMとは、S科学、T技術、E工学、M数学に、i情報を加えた福岡工業大学独自の高大連携教育の一つで、大学の最新の施設・設備を使用して最新技術を学ぶ、附属高校ならではの取り組みです。

電気科・電子情報科スペシャリストコース2年生から希望する16名が参加、4班に分かれて、ローテーションしながらすべての授業を受けます。

毎年振り返りと改善が行われ進化し続けているこの取り組みは、附属高校だからこそ実現できる「大学生」と「高校生」が主体となって取り組む「高大連携教育」であり、各方面より注目を集めています。

 

今回は、韓国からの留学生が参加しました。

 

韓国の天安(チョナン)工業高等学校から、6名の留学生が3ヶ月間のスケジュールで来福しており、現在、福岡市内の企業にてインターンシップを行なっています。

今回は、1日という短い日程ではありますが、本校電気科・電子情報科スペシャリストコースの2年19組での交流が実施され、i-STEMにも参加しました。

 

 

2018-10-30 9.49.22.png

 

授業の様子

Science(科学)「科学実験」

顕微鏡の中でもSEMと呼ばれる電子顕微鏡を使用させていただきました。真空中で電子線を照射し、観察物に付着させた試料の反射を利用することで、観察物の表面をマイクロやナノのレベルで観察するというものです。今回はブロッコリーやキャベツ、ストッキングなどを観察しました。

 

2018-10-30 9.52.00.png

 

Information(情報)「ゲームプログラミング」

Android Studioというアプリ開発ソフトを用いて、簡単なアプリを制作しました。制作後はAndroid端末に実装し、自分たちで作ったアプリが思い通りに動作しているのをみて、感動していました。

 

2018-10-30 9.52.18.png

 

Technology(技術)「SPICEを利用した論理回路設計」

LTspiceは高性能なシミュレーションソフトで、回路図を入力し実行することで、回路のシミュレーションを容易に行うことができます。今回は、ソフトの使い方を学び、シミュレーションを行った上で、実際に回路を製作しました。

 

2018-10-30 9.51.52.png

 

全国的に高大連携やSTEM教育(Science, Technology, Engineering, Mathematics)による理工系人材の育成が求められています。
福岡工業大学の附属校である本校では、2015年度から本学独自の造語である「i-STEM」教育(STEM教育にinformation(情報)を加えたもの)を行っています。
平成30年度は、工学部電子情報工学科 江口啓教授(Technology担当)、工学部生命環境科学科 桑原順子教授(Science担当)、情報工学部情報通信工学科 前田洋教授(Engineering担当)、情報工学部情報システム工学科 下戸健准教授(Information)、情報工学部情報システム工学科 丸山勲准教授(Mathematics担当)の指導のもと、それぞれの学科の大学生が先生となり、1年間全16回の授業を行います。
さらに、社会環境学部社会環境学科上寺康司教授の指導のもと、社会環境学科の教職課程の大学生もペアティーチングのため参加します。 
高大連携授業を受けることで高校の授業で学んでいる内容が今後どのような学びにつながるのかを知ることができます。また、研究室の見学や大学生との交流により、大学での学校生活を体験することができる機会でもあります。

 

今後もレポートを続けます。お楽しみに。

 


 

関連記事 H30年度 高大連携課外授業 i-STEM 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/11/08 行事

【行事レポート】総合学習の時間「Jプラス」裁判所見学

城東高校では、生徒の将来のビジョンを広げる総合的な学習の時間「Jプラス」を開講しています。

毎週1回、茶道や華道をはじめとした日本文化が学べる内容から、福岡工業大学や地域の講師の先生方と連携して行う講座まで、視野が広がる多彩な講座を受講できます。

 

今回は、総合学習(Jプラス)の「模擬裁判」を受講している生徒20名と一緒に、裁判所の見学に行ってきました。

今年の8月に移転したピカピカの建物に入ると、まずは金属探知機と手荷物検査でボディーチェック。

 

2018-11-07 17.26.43.png


裁判所の方に案内されて、実際の刑事裁判を傍聴しました。開廷前から緊張感に満ちた法廷で、約40分間裁判の傍聴をしました。

 

次のプログラムは、空き法廷での模擬裁判。裁判官、裁判員、弁護人、検察官、被告と証人と、実際の裁判さながらの体験をさせてもらいました!法衣を着せてもらった生徒は、裁判官気分でそれらしく演じてましたよ♬

 

2018-11-07 17.24.15.png

 

2018-11-07 17.24.35.png

 

2018-11-07 17.24.52.png


最後は全員で記念撮影です!
とても貴重な経験をさせてもらえました!

 


関連記事はこちら

総合的な学習の時間「Jプラス」

 

城東高校では、進路実現のために様々なサポートを行っています。

詳しくはこちら

≫ 続きを読む

2018/11/07 行事

【行事レポート】電気科 現場見学会

電気科2年生を対象に福岡電気協会主催、現場見学会が行われました。

 

 

2018-11-07 16.07.36.png

 

日時

平成30年11月7日(水) 

 

内容

午前中、アイランドシティ地区小学校(仮称)建設工事の現場を見学し、午後からは本校にて実際に電気工事の現場で活躍されているOBの皆さんとの意見交換会が行われました。

 

2018-11-07 16.08.42.png

 

2018-11-07 16.24.14.png

 

平成2年3月から平成30年3月卒業までの8名の卒業生のみなさんが来てくださいました。

入社したきっかけや、仕事内容、仕事現場のことから、高校生のうちに取り組んで欲しいことなど、様々な質問にたっぷりと時間をかけて答えてくださいました。

特に資格取得に関しては、仕事で役に立つ資格、必ず取っておいたほうがいい資格など理由も含めて丁寧に説明してくださり、まさに資格取得に向け勉強中の生徒たちのやる気に直結するところがあったようです。

2018-11-07 16.26.37.png

 

2018-11-07 16.23.47.png

 

2018-11-07 16.27.56.png

 

仕事のやりがいや醍醐味の紹介では、災害復旧の話も伺うことができ、暮らしに欠かせない電気に携わる仕事に誇りを持っていらっしゃる様子がとても印象的でした。

これから進路選択の時期を迎える2年生にとって、またとない素晴らしい機会となりました。

≫ 続きを読む

2018/11/07 行事

【行事レポート】ダンス部 第1回定期公演会

ダンス部 第1回定期公演会「感謝〜支えてくださる全ての方々へ〜」が開催されました。

 

日時

平成30年10月8日(月) 

 

場所

福岡工業大学FITホール 

 

内容

 

2018-10-17 16.33.06.png

 

10月8日(月・祝)、本学FITホールにおいて、福岡工業大学附属城東高校ダンス部による『感謝』~支えてくださるすべての方々へ~をテーマに地域の方々に感謝の意を込めてダンスを披露することが出来ました。
創部5年目の若いチーム、総勢50名で活動しているダンス部ですが、今回、企画・構成・演出まで生徒自身で考えたステージとなりました。
第1部では、パフォーマンスステージを9曲、第2部ではアメリカのダンスドリル国際大会において、HIP HOP部門にて優勝した3曲を、最後は会場の皆様と一緒に盛り上がり踊るなど、力強い生徒たちの踊りに、会場は一体となって大いに盛り上がりました。
当日は約500名(地域の方、小中学生、高校生、先輩、他校のダンス部、保護者、家族)の方々に来場いただき、お帰りの際は「感動しました」「涙が止まりませんでした」「ありがとう︕」「来年もぜひ、お願いします」などのお声を頂きました。 

 

2018-10-16 17.42.31.png

 

<生徒コメント>
私たちダンス部は第1回定期公演会「感謝〜支えてくださる全ての方々へ〜」を開催させていただきました。まずは、この機会をくださった全ての方々に心より感謝申し上げます。
定期公演会は、初めての経験のため、悩みながら手探りで構成・照明・音響も全て自分たちで企画し運営しました。当日は約500名の方が観に来てくださり、「感動した」「涙が出そうになった」などたくさんお声をかけていただきました。色々と至らない点が多かったとは思いますが、皆様に楽しんでいただけたことが本当に嬉しいです。
最後に、今回の公演会だけでなく、いつも城東高校ダンス部を応援し支えてくださりありがとうございます。今後ともダンスもダンス以外も「日本一、世界一」を目指して精進して参ります。

 

2018-10-17 16.33.16.png

2018-10-16 17.46.26.png

2018-10-17 16.33.27.png

 

2018-10-16 17.43.28.png

 

≫ 続きを読む

2018/10/16 行事

【行事レポート】プロフェッサー・ビジット

「プロフェッサー・ビジット」が行われました。
朝日新聞社主催の出張講義で、全国の国公立大学の先生が、最新の研究内容に関する講義を行う、というものです。
今回、出張講義が行われる全国13校の一つに選ばれ、熊本大学から稲葉継陽教授をお招きすることができました。

 

2018-10-12 18.04.57.png

 

日時

平成30年10月4日(木) 

 

内容

当日は、「日本における民主制の起源」と題して講義が行われました。
「民主制」は、近代化に際して欧米から輸入されたと捉えられがちですが、実は伝統的な「村」の自治・意思決定の仕組みに起源を持つのだ、ということが、資料を踏まえつつ明らかにされる、という内容です。

 

2018-10-12 18.02.03.png

 

「民主制」の成り立ちをテーマにするものですから、日本史好きだけでなく、政治や行政に関心がある、公務員を目指している、などさまざまな生徒に参加を呼びかけたところ、各学年から計45名の生徒が集まり、熱心に講義に聴き入っていました。

 

2018-10-12 17.59.23.png

 

2018-10-12 18.02.12.png

 

18歳で民主政治の担い手になる時代です。
民主制の成り立ちと意味、価値について学ぶことは、有権者としてこの意思決定に参加することになる若者たちにとって、大変有意義なものになったはずです。
 

 

2018-10-12 17.58.47.png

 

2018-10-12 18.02.36.png

 

今月は生徒会役員選挙も行われます。
この機会に、生徒たちの政治参加への意識がさらに高まってくれることを期待しています。

≫ 続きを読む

2018/10/12 行事

平成30年度 高大連携教育「i-STEM」

i-STEMとは、S科学、T技術、E工学、M数学に、i情報を加えた福岡工業大学独自の高大連携教育の一つで、大学の最新の施設・設備を使用して最新技術を学ぶ、附属高校ならではの取り組みです。

9月から授業が始まりました。

電気科・電子情報科スペシャリストコース2年生から希望する16名が参加、4班に分かれて、ローテーションしながらすべての授業を受けます。

毎年振り返りと改善が行われ進化し続けているこの取り組みは、附属高校だからこそ実現できる「大学生」と「高校生」が主体となって取り組む「高大連携教育」であり、各方面より注目を集めています。

西日本新聞でも紹介される予定です。

 

2018-10-04 10.11.09.png

 

スケジュール

6月
オリエンテーション
9月~12月(授業:2時間を2回ずつ)
Information(情報) ゲームプログラミング
Science(科学) 科学実験
Technology(技術) SPICEを利用した論理回路設計
Engineering(工学) 身近なモノでつくる光通信装置
Mathematics(数学) 数式処理
12月~3月
振り返り      【PDCAサイクルの”C”(Check)】
学生プレゼン 【PDCAサイクルの”A”(Action)】 

 

授業の様子

Engineering(工学)「身近なモノでつくる光通信装置」

すべて100円均一で揃う材料を使い、音声を光を介して電気信号に変えてスピーカーから流す、という実験を行いました。

2018-10-04 10.18.42.png

2018-10-04 10.20.53.png

 

Information(情報)「ゲームプログラミング」

Mathematics(数学)「数式処理」

プログラミング、数式処理のソフトを使い授業を行いました。

2018-10-04 10.22.21.png

2018-10-04 10.22.38.png

 


全国的に高大連携やSTEM教育(Science, Technology, Engineering, Mathematics)による理工系人材の育成が求められています。
福岡工業大学の附属校である本校では、2015年度から本学独自の造語である「i-STEM」教育(STEM教育にinformation(情報)を加えたもの)を行っています。
平成30年度は、工学部電子情報工学科 江口啓教授(Technology担当)、工学部生命環境科学科 桑原順子教授(Science担当)、情報工学部情報通信工学科 前田洋教授(Engineering担当)、情報工学部情報システム工学科 下戸健准教授(Information)、情報工学部情報システム工学科 丸山勲准教授(Mathematics担当)の指導のもと、それぞれの学科の大学生が先生となり、1年間全16回の授業を行います。
さらに、社会環境学部社会環境学科上寺康司教授の指導のもと、社会環境学科の教職課程の大学生もペアティーチングのため参加します。 
高大連携授業を受けることで高校の授業で学んでいる内容が今後どのような学びにつながるのかを知ることができます。また、研究室の見学や大学生との交流により、大学での学校生活を体験することができる機会でもあります。

 

今後もレポートを続けます。お楽しみに。

 

≫ 続きを読む

2018/10/04 行事

【行事レポート】インターンシップ報告会

電気科・電子情報科でインターンシップ報告会が行われました。

 

 

日時

平成30年9月14日(金) 

 

場所

FITホール

 

内容

城東高校では、電気科・電子情報科の2年生全員を対象に、7月の3日間、インターンシップ(職業体験)を行っています。

 

実際に企業で研修生として働き体験したこと、学んだことをパワーポイントでまとめ、発表しました。

 

事前指導からインターンシップ、事後指導まで生徒達はたくさんの時間を使い、働くということとしっかり向き合うことができたようです。

 

2018-09-14 15.34.14.png

様々な業種の企業様にご協力いただきありがとうございました。

≫ 続きを読む

2018/09/14 行事
  • 在校生メッセージ
  • 城東ブログみちくさポレポレ
  • 入試要項
  • 学校説明会のご案内
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • 教員募集