城東高等学校

新着情報

【生徒】武蔵野大学数理工学コンテスト奨励賞

大会名:武蔵野大学数理工学コンテスト

 

日程:平成27年3月28日

会場:武蔵野大学

 

結果:

木下・古閑チーム(2−1) 奨励賞

 

中学生、高校生合わせて117件の応募。その中から、選考委員による選考の結果、優秀賞4作品、奨励賞8作品が選出。

 

次の2つのうちのテーマからいずれかを選んで、レポートを提出。

身の回りの事項や社会的な問題に対して、

1) 数学や物理などの数理的な考え方を用いて数式化を行い、対象や問題の性質を説明する。

2) 統計的なデータ分析を行い、問題を解決するための有益な情報を取り出す。あるいは興味深い解析結果を導く。

 

 

今後の予定:

レポートのタイトルは「植林の未来を数学で考える」。

植林によって木の影ができるだけ重ならないようにして、地面を影で覆いつくすことにより、温暖化防止を最低のコストで行うための方法を計算・考察した。西サハラにおいて、高さが20mで上から10mが葉の部分とモデル化した木を使って計算すると、南北方向に4m間隔、東西方向には真西から45°の方角に一定距離離れた場所に植林を行うことによって、最もコストパフォーマンスを上げることができるという結論に達した。

今後は、身近な現象について、普段勉強している数学や理科の考え方を使って考察し、新しい発見をしていきたい。

2015/05/26 活動報告
  • 好きなものを選んで、好きなだけスイッチON!
  • 卒業生メッセージ
  • 入試要項
  • 学校説明会のご案内
  • なんでもQ&A
  • 教員募集