城東高等学校

海外研修

2017年02月

【3ヶ月語学留学】学校もホームステイもとても楽しく過ごせています!

現地校での学校生活について

 

<Mt Roskill Grammar School>

岸川 捺佳、小船 裕登、川口 龍之介

20170228-1.png

 

<生徒たちのコメント>

こちらの学校ではGoogle Classroom というサイトに各自ログインをし、各授業中ではそこからそれぞれが学習をすることがよくあります。また、課題などもこのサイトを通して出されます。

 

 

 

<Onehunga High School>

福田 裕也、諌山 結、比良松 菜月

 

20170228-3.png

 

 

<生徒たちのコメント>

静かにデッサンなどをする視覚デザインの授業が一番好きです。文化の違いに戸惑う場面もありますが、クラスの先生がフォローしてくれます。

ESOLのクラスでは、少しだけ日本語の話せる陽気な先生が授業を楽しめるようにうまく進めてくれています。

ドラマの授業が一番好きです。言葉の壁などがありますが、身体を使って表現できるし、時には日本語を使ってもいいから!と先生に励まされながら、楽しく身振り手振りで演じています。

数学の内容は簡単です。ひとつ上のレベルに変更してもらいましたが、まだ簡単すぎます。

 

 

 

NZの学校全てが全く同じシステムではないらしく、留学先のふたつの学校でも学び方など異なる点があるようです。

現地校に通う他の日本の同級生たちと色々と情報交換をしているようです。それぞれのホストファミリーは国籍も違えば習慣も違い、色々と話も尽きないようです。

 

 

ホストファミリーとの生活について

 

ホストファミリーとの日常生活も特に問題はないようです。とにかくファミリーとできるだけ会話をするように努め、部屋にこもらないように心がけて過ごしている様子。

食後に一緒に散歩をしたり、休日に一緒に出かけたりして楽しい時間を共有できているようです。また、あるお宅ではホストファミリーの4歳の男の子と子供用映画を一緒に観ながら英語の勉強をしたり、別のお宅でもファミリーが貸してくださっているiPadで英語の映画を良く観ているそう。英語の台詞もとても勉強になりますが、その感想をファミリーと実際に会話することでさらに英語力に磨きがかかるのでしょうね。

最後にホストファミリーからのコメントを一部紹介します。

 

<ホストファミリーのコメント>

・とても礼儀正しく、謝るときにはきちんと謝ってくれ、子供とも一緒に遊んでくれる良い子です。私たちの家族に上手く馴染んでくれていると思います。

・一緒に行く夕食後の散歩が楽しみです。

・彼はワンダフルです!私たちはビーチやワンツリーヒルなど、色々なところに一緒に行きましたよ。

・よく食べるし、よく寝るし、私たちとの生活を結構楽しんでいる!

・とても礼儀正しく、私たちファミリーを尊重してくれています。短期とは言わず、1年滞在して欲しいくらい!

 

 

残りの期間も最大限有効に使って、さらに色々なことにチャレンジして欲しいです。

≫ 続きを読む

2017/02/28

【3ヶ月語学留学】語学学校卒業、いよいよ現地校での留学生活が始まりました!

2週間の語学学校での研修を無事終了しました

到着から2週間が過ぎ、早くも語学学校を卒業する日がやってきました。初日の心細そうな表情とは打って変わり、笑顔で卒業式を迎えることができました。式そのものは大変和やかな雰囲気の中で行われました。

 

語学学校04.png

 

式では卒業証書授与に続いて、一人ずつスピーチも行いました。

 

語学学校01.png

語学学校02.png

語学学校03.png

式の後はいよいよスタートするそれぞれの現地校での学校生活について確認。生徒たちは現地校からホストファミリー宛てに郵送された書類などにしっかり目を通していたようで、徒歩での行き方やホストファミリーによる送迎などそれぞれのホストファミリーと相談できていました。

2週間の間にニュージーランドでのホストファミリーとの生活にも随分慣れたようです。この語学学校期間中は英語でのコミュニケーション以外にも、交通機関での登下校やホストファミリーとの生活など、この間のさまざまな出来事が生徒たちをぐっと成長させたようです。

 

 

2つの現地校での生活が始まりました

3人ずつ、2つの現地の学校に分かれて3ヶ月の留学生活を送ります。

 

<Mt Roskill Grammar School>

岸川 捺佳、小船 裕登、川口 龍之介

 

初日は新入生のウエルカムセレモニーとの合同で現地校の皆さんに紹介していただきました。セレモニーでは静粛なマオリの歓迎の儀式ポウフィリもあり、ニュージーランドの文化を全身で体験できたようです。本校の生徒3人の他に、他校から参加している2人の生徒さんもおられます。また、昨年から留学している日本人留学生リーダーである男子生徒さんと女生徒さんが挨拶にやってきて、みなさんも頼りになる先輩2人が現れたことで安心した表情を見せていました。

現地のアドバイザーの先生とは携帯電話で連絡を取り合っていますが、3人の持っている携帯電話が日本語で打てないため、ローマ字か英語で返信をしなければならず、英文を書くいい練習になっているようです。

 

写真は他校から参加の日本人留学生と。現地校の制服、似合っていますね。

Mt Roskill.png

 


<Onehunga High School>

福田 裕也、諌山 結、比良松 菜月

 

初日は、留学生主任の先生とホームステイ担当者による日本人留学生のためのオリエンテーションが行われました。歓迎の挨拶とホームステイをする上での心構えと規則を聞いた後、授業科目の選択を行いました。耳慣れない科目に戸惑い、ヘルプに来ていた上級生たちの助言を聞きながら、どうしよう、困った、と言いながらも楽しそうに授業を選択できたようです。

留学中はバディ・システム(現地校生徒と留学生のペア制度)があります。できるだけ留学生同士で固まらないで、自然と英語の環境を作れるようです。

 

写真は初日のオリエンテーションの様子。

Onehunga.png

 


全員ホストファミリーとの関係も良く、現地での生活を楽しく過ごせています。
楽しい反面、環境や文化も全く違うところで生活していくため、やはり不安もあるでしょうが、笑顔で頑張ってほしいです。

≫ 続きを読む

2017/02/09
  • 好きなものを選んで、好きなだけスイッチON!
  • 卒業生メッセージ
  • 入試要項
  • 学校説明会のご案内
  • なんでもQ&A
  • 教員募集