城東高等学校

在校生メッセージ

いざシンカ系JYOTO!なんだってできる高校時代。アレもコレも欲張りになってなりたい自分を目指してみよう!前へ進もう、未来へ進もう!カラを破って前へ、未来へ。城東高校でキミはもっとシンカする。JYOTOのシンカは、ひとつじゃない!
  • 福工大でシンカ!
  • 世界でシンカ!
  • 学びをシンカ!
  • ブカツでシンカ!
福工大でシンカ!大学との連携で専門性の高い内容を深く学ぶ。城東高校では、キャンパスを共有する福岡工業大学の高度な学びに触れることができます。ワクワクするような工学分野の多彩な学びで、生徒の知的な「深化」を促します。
次世代技術者を育てるi-STEM高大連携教育。i-STEMとは、S科学、T技術、E工学、M数学に、i情報を加えた福岡工業大学独自の高大連携教育の一つです。大学生が高校生に授業を行い、専門的な知識と技術の深化を目指します。大学生と交流することは楽しい学び!問題解決能力や自発的な学習態度が身につきます。福岡工業大学の附属高校ならではのメリットを最大限に生かして、実践的な技術を充実の設備環境で、大学の専門の先生からも学べます。
城東流パソコン活用入門IT塾。1・2年生を対象とした「IT塾」は10種類の講座があり、基礎コースと応用コースを選択できます。講師は高校と短期大学部の先生と学生。大学の施設も利用しながら、土曜日に開講します。
大学の先生によるCAD講座。2・3年生を対象に設計ソフトを用いた「CAD講座」を開講。建築CAD認定試験に向けて、短期大学部の先生から実践的な技術を学べます。
3Dの授業で野球のバットを制作しました。「IT塾」で、C言語やPhotoshop、Arduinoなどの仕組みや使い方を学習。また、福工大で大学生による3Dモデリングの授業も受けました。授業では習わない「回路制作」に刺激を受けました。i-STEMでは、福工大で行われている実験や実習を大学生から直接学べたことがとても新鮮で、特に電気科では習わない「回路製作」が刺激的でした。大学の話を聞けたことも進路選択に役立ちました。
世界でシンカ!ステージを世界へと広げて経験し、学ぶ。城東高校には、長期留学制度をはじめ生徒たちが海外の文化や人々に関わる機会がたくさんあります。国際感覚を磨き、世界で活躍するグローバル人材への「進化」を目指します。
E-PLUS。国内でも国際交流。海外語学研修、中期・長期留学。
カナダ留学が海外大学への進学を志望するきっかけに。文部科学省が展開する「トビタテ!留学JAPAN」の制度を使って、2年次にカナダへ3週間の留学を体験。英語、デザイン、IT分野を学ぶプログラムで、仮想アプリの宣伝のためWebサイトを制作しました。将来は海外の大学へ進学したいです。海外体験によって
多様な言語や文化を学ぶ意欲がアップ。1年次にニュージーランドへ留学。現地の授業を受けたり、ダンスグループで発表会にも出場して、いろんな国の人と交流しました。
学びをシンカ!大学入試改革に向けた新たなチャレンジ。2020年度から大学入試制度が大きく変わります。城東高校では、次の時代に向けて新たな教育活動を展開していきます。
アクティブラーニングの導入。教室を飛び出して学ぶ。英語4技能の養成。入試学力の向上。
1年次から大学での学びを意識するようになった。将来、「建築デザイン」を学びたいと思って先生に相談。希望する大学以外も調べるようにアドバイスをもらい、いろんな大学を調べたり、また大学訪問にも行ったりしました。勉強に対するやる気もアップしました。どのイベントも進路の選択材料や視野の拡大に。1年次に大学の研究を取材する「未来プロジェクト」、清掃活動の「ラブアース」に参加。今年はAPCC(アジア太平洋子ども会議)でボランティア活動をする予定です。
ブカツでシンカ!部活動も勉強も、自分を信じて全力で。勉強に励みながら、部活動でも活躍する生徒が城東高校には大勢います。自分の成長を信じて努力を重ね、仲間との信頼を築く「信化」の3年間がここにはあります。
部活動は青春。MCの活用。
国公立大学合格とダンス部での活躍が今の大きな目標です。ダンス部の活動と国公立大学合格を目指した勉強との両立に力を注いでいます。早朝に勉強するなど工夫しながら目標達成を目指しています。大好きなラグビーも勉強も頑張って成績アップを目指したい。1年次からラグビー部のレギュラーメンバーとして頑張っています。ラグビーは頭脳プレー。試験前には部での勉強合宿をすることも!!
  • いざシンカ系 JYOTO!
  • 城東ブログみちくさポレポレ
  • 入試要項
  • 学校説明会のご案内
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • 教員募集