城東高等学校

海外研修

【野球部アメリカ遠征】帰国しました!

H28野球アメリカ遠征 - 98.jpg

 

 

野球部アメリカ遠征チームが無事帰国しました。

 

二日目のアラメダ高校との練習試合、結果は
城東11対ア0
城東10対ア2
城東チーム、日本まで届きそうなホ~ムランも出ました。

 

練習後のピザパーティでは、モノマネ、腕相撲、色々な遊びで、盛り上がり、二日目で、少しずつ、打ち解けてきたようです。

 

エンシナル高校とも試合をしました。雨のため、試合もは打ちきりになりましたが、城東の全勝で終えました。
昼はホストファミリーより、たくさんのフライドチキン、ピザの差し入れ、そして、手作りハンバーガーのもてなしで、皆、満腹でした。

 

ホストファミリーと過ごす休日は、サンフランシスコまで(高速で30分程)出かけたり、ショッピングモールで買い物をしたり、バスケットボールなど野球以外のスポーツも一緒に楽しんだようです。

 

現地高校の野球部事情は、野球が出来る期間が短いため、バスケットボール、アメリカンフットボール等、掛け持ちで活動している生徒が多いようです。練習時間も短く、試合ユニフォームは貸し出しで、部活動の道具を揃える為に、部員が寄付活動を行うそうです。

 

アラメダ高校の指導者が、城東生との合同練習を行う中で、日本のトレーニング方法や、円陣を組むミーティングなどにとても関心を持ったようで、解散時間が予定の21時から、22時過ぎになるほど、熱い指導と交流が行われました。


研修の中で英会話のレッスンもありました。指導者と、友達に対する挨拶の仕方の違いは?食事の前の「いただきます」はどう言ったらいいか?等、ホームステイ先でのコミュニケーションの中で疑問に思ったことも解決できたようです。

最後はフェアウェルパーティ、ホストファミリーも全員集合してくれ、お別れ会がありました。全てをボランティアでもてなして下さったアラメダの皆さんに感謝の気持ちで一杯です。

 

20170310-1.png

20170310-2.png

20170310-3.png

20170310-4.png

20170310-5.png

20170310-6.png

 

20170310-7.png

 

出発の朝、早朝にもかかわらずたくさんのホストファミリーが見送りに来てくれました。
遠征の間、言語の壁がある中で、生徒たちの身振り手振りで必死に伝えようとする努力を、やさしく受止め懸命に理解に努め、我が子のように接してくださいました。

 

短い期間ではありましたが、野球を通じお互いに多くのことを学ぶことができました。

野球に対する思いは離れても同じです。ハートを忘れずに、大きくなった夢を追い続けて欲しいものです。


甲子園を越え、プロ、さらにはメジャーリーグで一緒にプレイする日を目指して!

2017/03/10
  • 好きなものを選んで、好きなだけスイッチON!
  • 卒業生メッセージ
  • 入試要項
  • 学校説明会のご案内
  • なんでもQ&A
  • 教員募集