城東高等学校

新着情報

2016年

【行事レポート】アフガニスタン大統領補佐官カヨウミ氏との対話セッションが行われました

アフガニスタン大統領補佐官カヨウミ氏との対話セッションが行われました。

 

日時

平成28年12月15日(木)

 

目的

グローバル化が進展している世界の中で、主体的に物事を考え、多様なバックグラウンドをもつ相手に自分の考えを分かりやすく伝え、文化的・歴史的なバックグラウンドに由来する価値観や特性の差異を乗り越えて、相手の⽴場に⽴って互いを理解し、更にはそうした差異からそれぞれの強みを引き出して活用し、相乗効果を生み出して、新しい価値を生み出すことができる人材になる。

 

内容

「アフガニスタン大統領補佐官 モハメッド カヨウミ氏 と城東高校生との対話セッション」

アフガニスタン大統領補佐官 モハメッド カヨウミ氏 プロフィール.png

 

 

【略歴】

カヨウミ博士は、現在、公共投資、人財育成、技術発展領域において大統領に助言するアフガニスタン大統領補佐官であり、カリフォルニア州立大学の1校であるサンホゼ州立大学名誉学長でもある。
大統領補佐官に就任する前は、シリコンバレーの中心に位置するサンホゼ州立大学第28代学長や、カリフォルニア州立大学イーストベイ校学長を歴任。
アメリカン大学ベイルート校で電気工学学士号を収めたのち、シンシナティ大学から原子力とコンピューター工学の修士号、経営学修士MBA、さらに電気工学博士号を取得。100以上の論文と8冊の本を出版するエンジニアとして活躍。公認会計士の資格も保有している。
複数の大学管理職および工学教授として38年の経験を有すると同時に、カヨウミ博士はアラブ首長国連邦およびサウジアラビア王国の国家プロジェクトにエンジニアとして参画。米国他12カ国での国際会議で基調講演に招かれるなど幅広く活躍している。
米国電気電子学会(IEEE)のシニアフェローとして、2000年から2003年まではMalcolm Baldrige National Quality Awardの審査員、1997年から2000年まではMissouri Quality Programの審査員を務め、同時に、米国大学実務者協会やAPPA全米教育施設協会、シリコンバレー工学協会から多くの賞を受賞。米国移民局のサイバーセキュリティ委員長、CCSTカリフォルニア州科学・技術協会のシニアフェローを務めるなど幅広く活躍している。

 

 

セッションの様子

 

アフガニスタン大統領補佐官 モハメッド カヨウミ氏が来校され、城東生のために時間を作ってくださり、対話セッションが実現しました。

 

希望する70名の生徒が参加しました。生徒たちは事前研修を重ね、セッションに臨みました。

セッションは全て英語で行われ、生徒たちはグループに分かれて事前に考えた質問をしました。

内容は、アフガニスタンに関すること、カヨウミ氏に関すること、世界情勢について、自分の進路について、勉強方法など多岐に渡りましたが、ひとつひとつとても丁寧にわかりやすく答えてくださり、生徒たちは一生懸命ヒヤリングし理解していました。

生徒たちは、聴くことだけにとどまらず積極的なコミュニケーションを心掛けているようでした。また、たまに軽いジョークや面白いことを言われると間髪入れずに笑いが起こったりと、生徒たちの国際社会を意識した語学力の高さに感心しました。

慣れない英語でのコミュニケーションはかなりの緊張感だったようですが、全員が「英語でのやり取り」が目的ではなく、「コミュニケーションの手段」として英語を用いて、しっかりと会の目的を理解しながら参加しており、初めての試みではありましたが、生徒たち、教職員にとって大変有意義な時間となりました。

01.png

02.png

 

03.png

 

04.png

05.png

 

20161205集合写真.jpg

 

ご協力いただきました関係各所の皆様に心より御礼申し上げます。

 

≫ 続きを読む

2016/12/16 行事

部活動ブログを更新しました<吹奏楽部>

吹奏楽部

 


部活動をもっと見る!城東高校のブログも更新中♪

  • 部活動紹介
  • 城東高校のちょこっとブログ みちくさポレポレ

≫ 続きを読む

2016/12/15 部活動

【科学】優秀賞受賞!ほか

大会名: 第31回福岡県高等学校総合文化祭自然科学部門福岡県大会ポスター発表部門

 

 

日程: 平成28年12月10日(土)

 

会場: 福岡工業大学FITホール

 

結果: 優秀賞

地学班 「静止軌道デブリを探して九千里」

平川(2-17)大島(2-9)溝口(1-11)杉本(1-6)

 

今後の予定: 

平成29年1月28日29日に同大学にて行われる九州高等学校生徒理科研究発表大会(九州大会)に出場します。

また、1月28日夜には天体観測かいも行います。

応援よろしくお願いします。

 

 


 

大会名: サイエンスキャッスル2016九州大会

 

日程: 平成28年12月11日(日)

 

会場: 熊本県水俣市もやい館

 

結果: 最優秀ポスター発表賞

物理班 「水の輪舞曲(ロンド)」

山田(2-1)徳永(2-3)永野(2-3)藤田(1-5)辻(1-15)

 

今後の予定: 

部員の情熱が審査員の胸を打ち、今回の受賞となりました。

応援ありがとうございました。

 

≫ 続きを読む

2016/12/14 部活動

【総合】<水泳>記録会結果

大会名: 第22回冬季短水路記録会

 

日程: 平成28年12月11日(日)

 

会場: 福岡市立総合西市民プール

 

結果: 

新宅 武人(2-7)

200m自由形 2:07.75   36位/ 61人中
100m自由形 1:00.00   78位/119人中

 

今回は自己ベストを出すことはできませんでしたが、来年度のインターハイ予選ではよい成績を出せるよう頑張ります。
応援よろしくお願いいたします。

≫ 続きを読む

2016/12/13 部活動

【ITプロジェクト】基本情報技術者試験 合格!

基本情報技術者試験 合格

原田 樹(2-16)

松尾 雄斗(2-16)

 

20121220_IT.png

 

本校の合格率40.0%(2/5名)

福岡県の高校生の合格率19.3%

全国の高校生の合格率16.6%

 

基本情報技術者とは、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」のひとつです。

合格した二人は、ITプロジェクトに所属し、試験に挑みました。進路実現のための自己向上を目標に毎日の活動を続け、弱点を補うだけでなく得意な分野での得点のための演習も手を抜かず熱心に行いました。

来年度はより難易度の高い応用情報技術者試験を目指します。

 

応援ありがとうございました。

≫ 続きを読む

2016/12/06 部活動

【ロボット相撲プロジェクト】全国大会にて経済産業大臣賞 受賞!

大会名: 第24回高校生ロボット相撲全国大会

 

日程: 平成28年11月27日(日)

 

会場: ものつくり大学(埼玉県)

 

結果: 

<ラジコン型>

鮎川らいら(3-19)藤本真悠(3-19)大会初の女性ドライバーとして全国大会へ出場

ベスト8 

経済産業大臣賞

 

<ラジコン型>

武谷汰伽(3-19)冨永彩人(3-16)ベスト8

 

<自立型>

坂田秀明(3-19)上口拓也(2-18)

 

全国9ブロックの地区大会から勝ち上がった強豪校32チームが集結しました。
高校生全国大会(ラジコン型)において大会初の女性ドライバーが全国大会へ出場しました。
さらに、彼女たちは今大会で技術的に最も優れたロボットとして選考され、経済産業大臣賞1席に選ばれました。
大臣賞は競技の優勝と同等に、技術面での日本一を賞するものであり、大変誇らしいものです。

 

今後の予定:

全校大会(全日本の部)

平成28年12月18日(日) 東京両国国技館にて開催

応援よろしくお願いいたします。

≫ 続きを読む

2016/12/05 部活動

ラジオ番組放送のお知らせ<本日放送>

本日2日(金)のFM福岡の番組「ラジオで叫部(さけぶ!)」に

城東高校の3年生 犬塚 菜緒さん が登場!(既録音)

校歌も流れます♪

 

■12月2日(金) ■FM福岡「ラジオで叫部(さけぶ!) ■放送時間21:25~30

 

※なお12月23日(金)には平田 和人さんが登場予定です。お楽しみに。

 

※突発的な事故やニュースで番組が中止または変更になる場合もあります。

≫ 続きを読む

2016/12/02 お知らせ

部活動ブログを更新しました<吹奏楽部>

吹奏楽部

 


部活動をもっと見る!城東高校のブログも更新中♪

  • 部活動紹介
  • 城東高校のちょこっとブログ みちくさポレポレ

≫ 続きを読む

2016/12/01 部活動

【個人】税に関する作文コンテストで受賞

大会名: 税に関する高校生の作文

 

日程: 平成28年11月15日(火)

 

会場: 東福岡県税事務所

 

結果: 

磯野沙弥香(1-4) 東福岡県税事務所長賞 受賞

 

国税庁が毎年行なっている作文コンテストで、本年度は全国1714校から210,468編の応募。

香椎税務署管轄の応募数は1,053編で、その内2編が受賞に至り、磯野が受賞しました。

 

 

税に関する高校生の作文

「当たり前の生活で役立つ」磯野沙弥香(1-4)

 

 朝五時半、起床。六時十五分発の電車に乗り、十分間揺られ、学校へ。部活の朝練習が終了し走って教室に行くと、すぐに朝補習が始まる。六時間目が終わればすぐさま部室に行き練習を始め、八時までみっちり部活をする。そして再び電車に乗って帰る。
 これが私の日常だ。ごくごく普通な生活なので特に気になる点は見あたらない。これは当たり前となっている。
 果たしてこれは当たり前なのか。”税金”の視点で見てみると、ここにはたくさんの税金が関わっていることに気付く。
 まず、学校について。私は私立高校に通っているので年間30万〜40万円学費を払わなければならない。公立高校と比べると20〜30万円高いが、これでも税金のおかげでこの金額に収まっているのだ。たとえ私立高校でも学費だけでは運営資金は足りないので国から助成金をもらっている。それが無くなったら助成金を学費で賄わなければいけなくなる。どのくらいの金額になるだろう。
 ひとつの私立高校が年間にもらっている助成金はおよそ7593万1818円である。私の学校の場合、生徒が2100人程いるので一人当たり年間3万6158円。プラスで追加される。全国規模で見ると年間1千億円もの助成金が出されている。
 「なんで税金なんかあるん。そんなのいらんし。」そう思ったことが何度もあった。だが、その税金は国に回され結局は自分に戻ってくるお金なのである。誰かが納めた税金で私は高校に通える。普通の教育を受けることができる。当たり前ではない。この”税金”のシステムは必要なものであり、感謝しなければいけない。そしてその税金を無駄にしないようしっかりと授業を受けることが私たち学生の役割だと思う。
 もう一つ、税金に関連してくるものがある。電車だ。私は今まで電車は非課税だと思っていた。切符にも定期券にも消費税いくら、ということは書かれていない。しかし、調べるとちゃんと税金は電車賃の中に含まれていたのだ。単純に考えると300円の切符だったら22円は税金だそうだ。その税金は線路の整備、新線の設立などに使われる。そしてその税金のおかげで私たちは快適に電車を利用できる。
 何気なく買っている切符や定期券もちゃんと国や地域のためになっている、と知った。
 参政権など政治に直接関わる権利は持っていない私たちだが、少なからずどこかでいち国民として動いている。その行動一つ一つにもっと意識を持った方がいいと思う。そうなれば、”税金”は当たり前のものではなく、いかに大切で自分の暮らしに役立っているか分かるだろう。

 

 

≫ 続きを読む

2016/11/30 部活動

【総合】<フィギュアスケート>大会優勝!

大会名: スポーツフェスタ・ふくおか 第59回福岡県民体育大会インターハイ予選カテゴリー

 

日程: 平成28年11月12日(土)~11月13日(日)

 

会場: 福岡県立総合プールスケートリンク

 

結果: 

<フィギュアスケートインターハイ予選カテゴリー>

優勝 野田 果梨(3-7)

 

20161220_スケート.png

 

今後の予定: 

全国高等学校総合体育大会フィギュア競技に出場

平成29年1月20日〜1月23日(栃木県)にて開催

応援よろしくお願いします。

≫ 続きを読む

2016/11/28 部活動
  • いざシンカ系 JYOTO!
  • 城東ブログみちくさポレポレ
  • 入試要項
  • 学校説明会のご案内
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • 教員募集