城東高等学校

新着情報

【行事レポート】九州大学 出前講義

日時

平成30年12月15日(土) 

 

内容

12月の出前講義月間の第一弾として、九州大学芸術工学部より、鮫島俊哉先生をお招きし、 「劇場・ホールにおける音響と現代の工学技術」と題する講義を行っていただきました。

簡単に言えば、建物の中での音の響き方を研究し、理想的な音楽ホールを作ることを目指す学問です。

大学での研究内容とその面白さが、映像と音声で次々に紹介されました。
音楽ホールにおける音の響き方をコンピュータ上でシミュレーションし、最適の音環境を探る研究が行われているとのこと(このあたりは少し難しい話でした)。

 

2018-12-19 16.38.17.png

 

実際にスピーカーを使って、さまざまなホールでの響きを再現した音声を聴きました。
(いまどきの高校生って、スピーカーで音楽を聴く経験はあまりないんですよね・・・)

 

2018-12-19 16.38.25.png

 

音響学の成果が初めて形になったという“Boston Symphony Hall” (アメリカ)

 

2018-12-19 16.38.09.png

 


しかし、「音響学」自体が存在しない時代の“Grosser Musikvereissal”(オーストリア)

 

2018-12-19 16.38.00.png

 

が、いまだに「世界一響きが美しいホール」だと言われているそうです(奥が深い・・・)。

鮫島先生、見た目どおりの非常に穏やかで優しい方でしたが、なんと高校時代から世界屈指のスピードと凶暴性を誇るアメリカのバンド“SLAYER(スレイヤー)”の大ファン!
この事実が鮫島先生の人生を大きく変えたのです!!!


2018-12-19 16.38.43.png


大学時代に東京のNHKホールで行われた日本公演を聴きに行ったときのこと。
響きの長いホールと「スラッシュメタル」の爆音は、非常に相性が非常に悪かった! そこで、音楽ホールの音響って研究できるのかな?と思ったことがきっかけだそうです(人生って面白い・・・)

最後に、これから大学へ進んでいく生徒たちに、鮫島先生からメッセージ。

 

2018-12-19 16.38.34.png


「研究は、非常に楽しい“遊び”です」

生徒たちが大きな刺激を受ける講義となりました。
鮫島先生、ありがとうございました!

 


関連記事はこちら

東京国際大学模擬授業

プロフェッサー・ビジット

2018/12/19 行事
  • 在校生メッセージ
  • 城東ブログみちくさポレポレ
  • 入試要項
  • 学校説明会のご案内
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • 教員募集