城東高等学校

科学部

イベント

高文連 県大会 報告(祝!全国大会出場)

私たち科学部は12月1日に総合文化祭自然科学部門福岡県大会に行ってきました‼( ^ω^ )

県大会は物理・化学・生物・地学の4つの部門に分かれ、

それぞれの部門で最優秀賞・優秀賞が選抜されます。

 

最優秀賞は全国大会に、優秀賞は九州大会に出場できるとあって、

各校この日のために積み重ねた研究や実験を

分かりやすく、飽きさせない工夫を凝らし、発表を練り上げてきます。

 

結果は・・・

生物部門においてユーグレナ研究が最優秀賞を受賞しましした♪

───O(≧∇≦)O────♪ 

また、化学部門ストームグラス研究と地学部門スペースデブリ研究が優秀賞を受賞しました♪

(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

県大会01.jpg

ユーグレナの研究を発表する 2年 尾崎君

 

県大会02.jpg

同時3部門 上位大会に出場!!

 

全国大会は来年夏、九州大会は2月に行われます。

これからも応援よろしくお願いします( ^ω^ )

 

≫ 続きを読む

2018/12/07 イベント

生物地区大会 出場報告

00000.jpg

私たち科学部は11月4日に生物の地区大会に行きました!!!( *´艸`)

結果はユーグレナ班1位通過!

県大会にも出場します!!(≧▽≦)

今回の地区大会で科学部の1年生達もとても成長できたと思います。

これからも頑張っていくので、今後とも応援よろしくお願いしますm(__)m

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/11/09 イベント

第3回保護者説明会 & 部活動体験報告

 

 

こんにちは!科学部です。

今回、私たちは中学生と保護者のための説明会に、ボランティアとして参加しました。

 

中学生の皆さんには城東高校の授業を体験してもらいます。

みんな真剣に授業を聞いていますね(^^

科学部002.jpg科学部001.jpg

 

午後には部活動体験を行いました!

私達が普段行っている永久プレパラート作りや珪藻の同定、

そして大人気の手作りお土産コーナーを実施しました!(*^_^*)

科学部004.jpg科学部003.jpg

herbaripens-.jpg

一番人気はハーバリウムペン。

ペンの上部の透明プラスチックの部分にドライフラワーを入れ、オイルに浸してあるんです。

世界で一本のオリジナルペンを作れるとあって、雨も強くなってきた中で約35人もの生徒さんで大盛況(^_^)

 

皆さんも城東高校科学部の部活動体験に来てくださいね!

 

≫ 続きを読む

2018/10/05 イベント

サイエンスインターハイ@SOJO 参加報告

私達は7月29日(日)、崇城大学で行われた『サイエンスインターハイ@SOJO』に行ってきました!!

今まで研究、発表練習してきたことをここで出し切ることができました。

崇城01.jpg崇城02.jpg

左は全国大会に出場する「デブリを探して九千里」の3年生の溝口先輩、

右は高大連携課題研究発表会優秀賞の「ユーグレナと未利用資源」の2年生の尾崎先輩です。

 

そして下の2枚は今回初めて発表する1年生! 森下君と亀山君です。

緊張が伝わってきます・・・。

崇城03.jpg崇城04.jpg

とってもさびしいことですが、3年生の先輩と一緒に発表できる機会はこれが最後です。ビェーン。゚(ノωヽ。)゚。

今回の発表も先輩達にしっかり練習を見てもらって臨んだものでした。

先輩達のこれからのご活躍を応援しつつ、僕達も研究を引き継いで頑張っていきます!

 

≫ 続きを読む

2018/08/04 イベント

RoboSTEAM in 北九州 参加報告!

私達は7月22日九州工業大学で行われた RoboSTEAM in 北九州 に参加しました!

  

この大会は事前に与えられた事前課題、その場で出される当日課題をクリアできるロボットの製作、プログラミングをするというものです。もしかすると「科学部なのにロボット!?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。正直私も思いました。(´・ω・`;

 

ロボコン01.jpgロボコン02.jpg

 

 

 

しかし、努力の成果もあり事前課題部門にて準優勝、当日課題部門にて優勝することができました!下の写真は左が準優勝したロボット右が優勝したロボットです。

 ロボコン03.jpgロボコン04.jpg

 

何もかも初めてで大変でしたが、とても貴重な体験ができました!(。>v<。)ノ゙*

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2018/07/27 イベント

和白干潟で潮干狩り

こんにちは。

私たちは415日に和白干潟で潮干狩りのイベントに参加しました。

ブログ180424-1.jpg

干潟の生き物をパネルを使って紹介しています(^^)

ブログ180424-2.jpg

アサリの生態などを教えてもらい、地域の人たちと潮干狩りを楽しみました。

ごみを拾い、干潟の環境に少しだけ貢献できました(^o^)/

 

≫ 続きを読む

2018/04/26 イベント

科学へジャンプ・イン・九州

科学部活動の一環として、目が不自由な子にも楽しく科学を学んでもらうワークショップ「科学へジャンプ・イン・九州」が、8月27日福岡県立福岡高等視覚特別支援学校で行われました。

科学部員5名が参加し、(2年1組鹿児山さん、3年3組藤本君、2年7組宮元君、1年5組溝口君、1年15組辻君)

目が不自由ということで水を用いて音の変化をつくり演奏を行うことができる『グラスハープ』を理科実験でおなじみの“ビーカー”を用いて行いました。また発泡性のある『入浴剤』を作り、水の中にいれ素肌で感じてもらいました。

九州各地の盲学校などに通う30名あまりの生徒が参加し、科学に触れ合いました。

今回の企画リーダーである鹿児山さんは、「一緒に楽しく実験できるように前もって部員同士でアイマスクをつけ実験・体験を行いプログラムの工夫をしました。目が不自由な人に実験を教えられるか不安でしたが、参加してくれた生徒がとても楽しそうに取り組んでくれていい経験になりました。」と話していました。

CIMG8276.JPGCIMG8283.JPG

グラスハープと入浴剤体験の様子

≫ 続きを読む

2016/09/12 イベント

第40回日本科学教育会特別企画 中学・高校生のためのジュニア・サイエンス・リサーチ・ミーティング

夏休み最後の大会。それは、「第40回日本科学教育会特別企画 中学・高校生のためのジュニア・サイエンス・リサーチ・ミーティング」が、大分ホルトホール(大分市)にて開催され本校科学部ウミホタル班が参加しました。        ※主催:日本科学教育学会

発表は、ポスターを用いて日頃の研究内容を発表するという方式のものでウミホタル班を代表し2名((彌永 駿君(2年11組)、1年9組黒瀬 祥吾君(1年9組))が出席しました。日本全国の高校生が参加した高校生部門発表件数17件のうち本校ウミホタル班の研究は6位に入賞し、奨励賞をいただくことが出来ました。

生物班の班長でもありウミホタル班の中心となって研究の取り組んでいる彌永 駿君(2年11組)は、「今まで研究を行ってきた甲斐がありました。賞をいただけたのは要旨や論文を書いてくれた田原君や30秒PRを一生懸命やってくれた黒瀬君、研究を支えてくれた皆のおかげだと思っています。これからも応援してくれている家族や先生、友達のためにも一生懸命取り組んでいきます。」と話していました。

DSC07997.JPGDSC08001.JPG

これから科学部団体としてではなく、各班分かれての行動が増えてきます。

11月に福岡工業大学にて行われる県大会に向けてがんばる科学部の応援をよろしくお願いします!

≫ 続きを読む

2016/09/12 イベント

科学部夏季研修会

さてさて、夏本番!ということで、8月3日~5日九州大学アクアフィールド水産実験所にて科学部夏季研修会を行いました。

科学部員20名が参加、九州大学教授直接ご指導の下、以下の研修を行いました。

 

<干潟での生き物調査>

 8月3日出校日のあと出発し、九州大学農学部助教の鬼倉先生ご指導のもと「干潟の生き物調査」を行いました。

 干潟には天然記念物の『カブトガニ』や『クロメダカ』など絶滅危惧種のものも数多く生息しており生徒たちは鬼倉先生や大学院生の話を注意深く聞いていました。

DSC07791.JPGDSC07797.JPG

     干潟実習の様子

 

<海洋実習>

 4日の午前中には九州大学が保有している実習船「わかすぎ」に乗船させていただき、津屋崎沖にでて『ナメクジウオ』や『ブンブクチャガマ』の捕獲を行った。他にも『カレイの仲間』など昨日とは違った生き物を観察することができました。

DSC07859.JPGDSC07851.JPG

海底から引き揚げたものの中から生き物を探しています。

 

<地引き網>

 4日の午後、水産実験所から徒歩3分程度のところで鬼倉先生と大学院生に小型地引き網をせちしていただき科学部の研究対象である『ウミホタル』の生息域の生き物調査を行った。ここでは小型のエビ類や『ニホンウナギ』、『ゴンズイ』『コウイカ』などがとれました。

DSC07881.JPGDSC07901.JPG

網を引っ張っています。網の中から生き物をかき分けて探し水槽にいれているところです。

 

<研究所内見学後の挨拶>

5日には研究所内を所長でもある吉国教授に案内していただき、研究所内の飼育水槽の様子や最先端の分析機器をみせていただきました。

参加した生徒たちを代表して部長の2年5組田原君は、「僕たちが研究しているウミホタルの住んでいるところの様子や、船での実習など普段体験できないような大変貴重な体験をさせていただきありがとうございました。今後今回の実習の成果をまとめ県大会に向けてがんばっていきます。」と話していました。

 

 

≫ 続きを読む

2016/09/12 イベント

平成28年度RENS企画 第7回公開セミナー サイエンスインターハイ@sojo

続いて、7月31日に行われました「平成28年度RENS企画 第7回公開セミナー サイエンスインターハイ@sojo」(崇城大学池田キャンパス(熊本市))に科学部員23名が参加しました。

こちらもポスターを用いて課題研究を発表するポスター発表で、150件、約500名を超える九州内の高校生の発表・参加があり、会場は熱気に包まれ、熱い議論が各所で繰り広げられました。このような中、本校の地学班『スペースデブリを探して九千里』がコンペティション賞を受賞しました。

DSC07771.JPG

地学班の班長の平川泰山君(2年17組)は、

“自分たち班が行っている研究が採択されるとは正直思っていませんでした。採択されてとてもうれしいです。今後も観測・軌道計算などがんばっていきたいと思います。”と話していました。

≫ 続きを読む

2016/09/12 イベント
  • いざシンカ系 JYOTO!
  • 城東ブログみちくさポレポレ
  • 入試要項
  • 学校説明会のご案内
  • 学校案内デジタルパンフレット
  • 教員募集